ベタ構造の住宅でも要注意!家の安全を守るための白蟻駆除

早めの対策で家を守る~ペタ構造の白蟻駆除~

白蟻駆除は早急に対処する

シロアリ

1匹でも白蟻を確認できたら、すでに多数の個体が生息していることも考えられます。少しでも被害や生息が見られたら、早めに駆除を検討することが大切です。

白蟻駆除法は大きく分けて2種類

バリア工法
バリア工法とは、白蟻駆除の世界で古くからある駆除・防止の方法です。白蟻は、主に床下の土中から侵入し、柱などの木部を餌や住み処として繁殖していきます。そこでこのバリア工法では、土壌に薬剤を散布したり、木部に穴を開けて注入したりするなどして、白蟻の侵入や拡散を防ぎます。これがバリア工法です。白蟻が現れる場所を直接処理する方法であるため、即効性が魅力となっています。また同時に、難易度が低く薬剤以外ほとんど専用機材も必要ないので、費用を比較的安く抑えられます。
ベイト工法
ベイト工法は、白蟻に薬剤を食べさせて駆除を図る方法です。ステーションと呼ばれる専用の容器に、白蟻が餌と勘違いする薬剤を入れておき、容器ごと生息域に仕掛けます。あとは、自然に寄ってきた白蟻が勝手に薬剤を食べ、自動的に根絶していくのを待ちます。バリア工法との大きな違いには、薬剤の臭いが少ない、柱を傷つける必要がないといったメリットが挙げられます。ただ特殊な方法であるため、バリア工法より少し費用は割高になりやすいです。

白蟻駆除が急がれる理由とは

白蟻は、基本的に家の床下や壁、柱などに生息しています。そのため、個体を見つけるどころか被害に遭っているかどうか知ることも、容易ではありません。もし目に見えて被害が感じられたときは、すでに大きなダメージを受けたあとかもしれません。わずかでも異常を感じたら、早めに白蟻駆除業者へ調査依頼するべきです。被害を放置してしまうと、多額の修繕費用がかかったり、ちょっとした地震などで倒壊に繋がったり、また倒壊しなくても、家の寿命が縮んでしまうかもしれません。油断は禁物です。

白蟻に強い住宅にする~ベタ構造の基本を知る~

白蟻被害の防止や駆除も大切ですが、そもそも被害を受けにくい構造の住宅にするという選択肢もあります。代表的な、「ベタ構造」について説明します。

そもそもベタ構造とは

白蟻被害

ベタ構造は、白蟻駆除どころか侵入をも防げる利に適った構造です。床下の土壌をすべて鉄筋コンクリートで固めて、白蟻の侵入経路を絶ちます。空を飛んでくる場合も考えられますが、多くは床下の土壌から上がってくるため、被害防止に大きく期待できます。また合わせて、土壌から湿気が上がってこなくなるため、木部腐朽やジメジメした空気も防げます。

白蟻駆除業者からのアドバイス

ベタ構造だからといって油断は禁物です

前述の通り、白蟻侵入防止に効果的なベタ構造も、100%白蟻の侵入を防げる方法であるというわけではありません。飛んでくる白蟻に関しては対応できませんし、また鉄筋コンクリートの隙間から侵入してくる場合も考えられます。そのため、ベタ構造で家を建てたり床下を保護したりした場合でも、定期的に白蟻駆除や予防はしておくべきです。ベタ構造だからといって安心しきっていると、思わぬ被害拡大に繋がる可能性も考えられます。

TOPボタン
ベタ構造でも油断は禁物【早急に対処すべき白蟻駆除のすべて】